地下墓所の殉教者

作者不明
B6判 174頁 1,080円(税抜1,000円)
副題は「古代ローマの物語」。紀元250年ごろのローマ帝国による迫害下で、死に至るまで忠実であり続けた聖徒たちの感動の物語。

詳細

日が沈むまで

G.M.スピーチリー&
K.A.リデルス著
B6判 137頁 648円(税抜600円)
外国から日本に遣わされて、日本で40年働いた二人の姉妹のあかし。若い婦人たちに向かって教え諭した「婦人メモ」の記事をまとめた1冊。

詳細

足もとにすわって

M.ベッコン著
B6判 149頁 648円(税抜600円)
著者は、様々な経験、家庭生活、今は亡き夫の闘病生活をとおして、主ご自身の変わらない愛と恵みを教えられた。クリスチャンの姉妹向け。

詳細

主の御手のうちに

M.ベッコン著
B6判 221頁 864円(税抜800円)
神が真実なお方であることを教えられた著者の様々な経験をもとに、若い姉妹たちに励ましを、老齢の姉妹たちに慰めを与える1冊。

詳細

わが子ジェイソン

M.バイタリ著
B6判 187頁 1,404円(税抜1,300円)
白血病と闘った少年の記録。小学生で天に召されたクリスチャンの少年とその家族の感動的なあかし。神を信頼する者が経験できる勝利の記録。

詳細

絞首台から神へ

K.チャコ著
B6判 67頁 524円(税抜486円)
著者はインド人。刑務所内での働きによって救われた囚人たちの記録。行いではなく、恵みによって救われることの尊さを改めて教えられる。

詳細

賛美の歌(詩集)藤本 光夫 著 (第1集)

藤本 光夫 著
(第1集)菊判 196頁 1,362円(税抜1,262円)この詩は、神に愛されていることを深く自覚している人の魂の叫びである。信仰によって生きることの幸いと、それだけが最上無二の人生であることを知らせる希望の詩(うた)。

詳細

賛美の歌(詩集) 藤本 光夫 著 (第2集)

賛美の歌(詩集)
藤本 光夫 著
(第2集)菊判 218頁 1,362円(税抜1,262円)

この詩は、神に愛されていることを深く自覚している人の魂の叫びである。信仰によって生きることの幸いと、それだけが最上無二の人生であることを知らせる希望の詩(うた)。

詳細

賛美の歌(詩集) 藤本 光夫 著 (第3集)

賛美の歌(詩集)
藤本 光夫 著
(第3集)菊判 204頁 1,362円(税抜1,262円)
この詩は、神に愛されていることを深く自覚している人の魂の叫びである。信仰によって生きることの幸いと、それだけが最上無二の人生であることを知らせる希望の詩(うた)。

詳細

賛美の歌(詩集)第四集

藤本 光夫 著
(第4集)菊判 225頁 1,439円(税抜1,333円)
この詩は、神に愛されていることを深く自覚している人の魂の叫びである。信仰によって生きることの幸いと、それだけが最上無二の人生であることを知らせる希望の詩(うた)。

詳細